和田しんじ
今までの成果

まずは、行財政改革。
1円でも大切にする行政、
市役所改革をすすめてきました。

財政再建

  • 最重要課題!増え続けてきた市借金をようやく減少へ
  • 固定費を徹底して圧縮し、市民の暮らしへ還元

■市債残高
市債残高

行政改革

  • 市組織をスリム化し、意思決定をスピードアップ
    【63組織→53組織 △20%】
    【一般行政職員数729人→581人 △20%】
  • 市組織に事業部制を導入(まち発展・くらし充実・行財政改革)
  • ビジョン・戦略に従い、時代を先取りした組織づくり
    (ふるさと共創・環境共生・市民協働・はつらつ学習)
  • 市職員育成システムを改革
    課長級試験・専門コースの設定、職名の見直し、実績・能力の評価と人事異動
  • 仕事の改革を徹底して実行
    3ム(ムリ・ムダ・ムラ)業務改善を市役所全体で展開、3D-CADを導入
    環境マネジメントシステムを実施【庁舎電力量3割カット】
  • 多様な連携によるまちづくりを推進
    金沢大学などの高等教育機関・国立天文台などの専門機関と連携協定【50以上のプロジェクト】
    オール加賀会議を設け広域連携を加速

まちづくりはPDCA

  • 2011.5「10年ビジョン」策定
  • 2015.9「都市デザイン」策定、10月に「NEXT10年ビジョン」
  • 経営会議(1回/月)で意志決定、全体会議(1回/月)で進行管理

子どもたち、そして、まだ見ぬ次世代を想い、
全力で取り組んできました。

日本トップの出産・子育て環境に

  • 不妊・不育治療の支援を県内で先駆けて実施
  • 身近で専門の相談窓口として発達支援センターを開設
  • 子どもの医療費を窓口無料化(18歳未満)
  • 保育料を軽減。国の保育料基準に対し50%未満に。多子世帯はさらなる負担軽減
  • 予防ワクチン・接種の支援を拡充
  • 教育・保育・子育てを一体的に進める認定こども園への移行促進【市内全体の6割強に】

■合計特殊出生率
■合計特殊出生率

テーマは絆。三世代家族の幸せと
あんしんをいつも追い求めてきました。

医療・福祉・防災の充実。合言葉は「予防先進」

  • 身近な相談機能を充実(高齢者総合相談、DV、ひきこもり、就労支援など)。認知症サポーターを養成
  • 防災行政無線を各家庭に整備・運用開始
  • 自主防災組織結成率100%を達成
  • 誰もが暮らしやすく訪れやすい「やさしいまちづくり」を推進

はつらつとしたスマートライフを応援

  • 大学と連携した健康づくり(ロコモ体操など)
  • ごみ減量化、リサイクル率向上へ。ダイエット袋導入
  • 全国に先駆けた、3世代・準3世代住まい、定住、UIJターンの促進、空き家対策により、転入増加

■転入者数
■転入者数

教育は最良の公共投資です。
一人ひとりの夢を応援してきました。

ふるさとや世界で活躍するひとづくり

  • 子どもたちの学び場・遊び場づくり(航空プラザ・里山自然学校・こまつの杜)
  • 次代を担う理科大好き青少年を育成(サイエンスヒルズ)
  • 小中学校耐震化100%を早期達成。プールや体育館、通学路の安全性も向上
  • 中学校・高校にイングリッシュルームを順次設置。
    英語オンリーの空間で国際感覚を養う
  • 小松短大・看護学校を再編し、2018.4いよいよ4年制総合大学開学へ
  • トップアスリート・アーティスト育成
  • 女性起業家塾や経営者育成スクールを継続開講。女性のセンスが活きるまちに【約300人受講、21人創業】
  • はつらつとしたひとづくりを展開(シニアおとこ塾、ものづくり人材)

大交流時代を見据え、
まちの新しい形づくりに挑戦し続けてきました。

2015.3北陸新幹線金沢開業、
そして2023春、小松開業へまい進

  • 小松駅周辺のイメージアップ、東西のコントラストを活かした学びのゾーン化
    ■駅西エリアはは「歌舞伎のまち」。街道や町家の再整備、曳山交流館みよっさ開設
    ■駅東エリアは「科学とひとづくり」。コマツ本社機能移転、サイエンスヒルズこまつ開設
    ■駅南ブロック(旧大和跡地)は、外国人対応のホテルや大学キャンパスなど新たな交流拠点に
  • 小松空港の機能アップ(国際化【国際線旅客数は倍増】、乗継割引【国内最多45区間】、物流、周辺の魅力向上)
  • 環境王国の玄関口、粟津駅周辺の再整備(住宅団地、駅施設や街路)
  • 開湯1300年を迎える粟津温泉。街路・広場整備を進め、山かげの御殿湯を創生

PASS THE BATON。
受け継いだ素晴らしい自然や文化の価値を高めてきました。

  • 市制70周年。温故知新をテーマに地域資源を再認識
  • まちの強みを5テーマに分け、まちづくりを積極展開
    ■歌舞伎 ■科学とひとづくり ■乗りもの
    ■環境王国 ■珠玉と石の文化
  • いしかわ歴史遺産「歌舞伎のまち」。未来へつなぐ仕組みを構築し、国内外へ発信
  • 2016.4「珠玉と石の文化」が日本遺産認定。世界遺産「アンコール遺跡群」と連携し、ブランド力アップ
  • 「乗りもの」を産業観光の代表として推進
  • 環境王国の拠点「水郷木場潟」で全国植樹祭を誘致・開催。花と緑があふれるフローラルこまつを展開
  • 安宅・木場潟・梯川・前川など水郷エリアの魅力発信
  • 国連大学と連携した日用苔の里のブランディング

■交流人口
■交流人口

このまちの底力は昔も今も、ものづくり。
バランスのとれた産業都市を目指してきました。

  • 地方創生のモデル、コマツ本社機能の一部を移転
  • 医療、食、素材など成長分野の企業誘致
  • 緑豊かな中山間地域に新産業ゾーン形成へ
    (正蓮寺・花坂)
  • たくましい農林水産業へ。
    6次産業化、ブランド化、販路拡大を強力に推進
  • 市産米やトマトカレーは全国ホテルや企業などへ流通拡大
  • 環境にやさしい木質バイオマスの普及促進で林業活性化
  • ものづくり人材育成の支援制度を大幅に拡充
  • 伝統工芸「九谷焼」。北欧デザインとコラボ展開
  • 公有の遊休地を活用した区画整理の推進(安宅新地区)
  • 空・陸・海のアクセス向上(国際貨物便・物流交通網)
  • 消費スタイルの変革(キャッシュレス推進)
  • 新規高卒就職内定率【2009年度より7期連続100%】

■製造品出荷額等
■製造品出荷額等